車検が切れたら自動車税は払わなくても良い?

車検が切れてしまった車を所有している時に気を付けておきたいのが自動車税です。

 

すでに車検が切れているので公道を走ることができません。ということは一般的にはその車はもはや車としては機能しないことになります。

 

なので車検が切れた時点で自動車税は支払わなくてもよいと思う人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、例え車検が切れているとしても自動車税の納付書は送られてきます。
上記の考えからするとそれを支払うのは勿体ないと考える人がほとんどなので実際には納付書が送られてきても払っていないという人が多いようです。

 

自動車税はナンバーが付いている限りは原則として支払わなければいけません。車検が切れているかいないかというのはあまり関係ないということですね。

 

ナンバーが付いているかいないかというのはつまりその車の廃車手続き、登録抹消をしているかいないかですね。

 

ですので、もし車検が切れてしまった車がある場合は早めに買取りをしてもらうか、もしくは廃車にするかを選択するべきでそのまま放置していると無駄な税金が発生してしまうわけです。

 

 

車検切れの車を少しでも高く売却する方法

 

 

ただし、自動車税というのは都道府県の税金になるので住んでいる地域によっては自動車税課税保留制度の「定期保留」というものがあって車検が切れると税金が保留状態となる都道府県もあります。例としては神奈川県がそうです。

 

その場合は放置していてもその車の登録抹消や廃車の手続きをすることによって納税義務がなくなります。ちなみに放置していたけどまた車検を取って乗りたいという場合はその間の自動車税は払わなければいけません。

 

自動車税課税保留制度がない場合も税金は納めなければいけません。
自動車税の納税通知が来るのは5月1日で、一括納付となります。

 

もし、4月1日に自動車を保有していて、車検が切れてしまったけれど、5月1日に自動車税を一括で支払いその後に売却や抹消登録をした場合は還付手続きをすれば以降のすでに支払済みの自動車税に関しては還付金を受け取れます。買取り業者に売却した場合は税金分をそのまま買取額に上乗せして支払いをしてくれるケースが多いです。